ワールドニュースクリップ

気になる海外ニュース、押さえておきたい国際ニュースをチェック



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドニュース1週間 2005年12月12日~12月18日

まとめて1週間です。遅くなりすみませんm(_ _)m

北朝鮮の米ドル偽造問題、韓国教授のES細胞ねつ造疑惑、アメリカ国内の盗聴問題などが年を越しそうです。いずれ紹介したいとおもいます。

--- 12月12日(月) --------------------

・イラン 4人目の石油相候補承認

イラン国会は、大統領が指名した4人目の石油相候補、カゼム・バジリハマネ氏を承認した。不在で石油生産能力が急低下していた。

イラン国会、4人目に指名の石油相就任を承認(ロイター)
--- 12月13日(火) --------------------

・邦人人質事件の仲介役暗殺

イラクで昨年4月に起きた日本人人質事件で。仲介役と言われたマザハル・ドレイミ氏が暗殺された。

イラク:日本人人質事件で仲介役のドレイミ氏暗殺(毎日新聞)

--- 12月14日(水) --------------------

・北朝鮮は25年前からドル偽造

ブッシュ米大統領は講演で、北朝鮮がドルを偽造していると非難。米紙によると、北朝鮮から亡命した化学者が、25年前から100ドル札を偽造していると証言した。

北、25年前からドル偽造 国家ぐるみ、亡命化学者証言(産経新聞)

--- 12月15日(木) --------------------

・イラク総選挙は混乱なく終了

イラク民主化の総仕上げとなる連邦議会選挙の投票が行われ、大きな混乱もなく終了した。

イラク:連邦議会選挙、混乱なく終了 投票率は70%近く(毎日新聞)

--- 12月16日(金) --------------------

・ES細胞研究、黄教授が疑惑否定

ES細胞研究をめぐる疑惑で、黄教授は11個のES細胞を作ったとねつ造を否定した。しかし、写真に誤りがあったとして米科学誌サイエンスに論文の撤回を通告した。

ES細胞研究、黄教授が疑惑否定 「論文は撤回」(産経新聞)

--- 12月17日(土) --------------------

・EU、中期予算編成で合意

欧州連合(EU)首脳会議は、最大の焦点だった2007-13年の中期予算編成で合意し、憲法批准の国民投票否決などで表面化した危機拡大を回避した。

EU、中期予算編成で合意 英国が妥協案、決裂を回避(産経新聞)

--- 12月18日(日) --------------------

・米大統領、国内盗聴認める

ブッシュ大統領はラジオ演説で、米国家安全保障局(NSA)が極秘の大統領令に基づき、国内で電話盗聴や通信傍受などを行っていることを認めた。

米大統領、国内盗聴認める 議会が違法性調査へ(東奥日報)

・「今年の人」にゲイツ夫妻とボノ

米誌タイムは、今年1年間で最も影響力のあった「パーソンズ・オブ・ザ・イヤー」に、米マイクロソフトのビル・ゲイツ会長とメリンダ夫人、「U2」のボーカル、ボノさんを選んだと発表した。

ゲイツ夫妻とボノさん タイム誌「今年の人」(U.S. FrontLine)

  • ←よろしければクリックしてください
  • スポンサーサイト


    ≪ ワールドニュース1週間 2005年12月19日~12月25日ホームワールドニュース1週間 2005年12月 5日~12月11日 ≫

    Comment

    コメントの投稿

     
    管理人にのみ表示する
     

    Track Back

    TB URL

    Home

    広告

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    プロフィール

    worldnews

    • Author:worldnews
    • FC2ブログへようこそ!

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。