ワールドニュースクリップ

気になる海外ニュース、押さえておきたい国際ニュースをチェック



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の死ぬ日を予想した予言者

インドの予言者が自分の死ぬ時間を予想したそうです。彼の父親も予言者で、同じように自分の死を予想して当たった(亡くなった)そうです。そんな経緯もあり、彼の予言が当たるかどうか見ようと、何千人もの人が小さな村に集まりました。

パンジラルさんという75歳のおじいさんで、これまで数々の予言を当てたそうです。その中でも得意な分野は、井戸のありかを当てることだとか。
いつも使っているホロスコープを見たところ、特定の日の木曜日の15:00から17:00の間に死ぬだろうと予言したそうです。

パンジラルさんは、1週間前から人と話すことをやめ、その日を村のお寺で迎えました。
外には数千人の人だかり。中には車をチャーターして遠くから来た人もいたとか。世界のどこへ行っても考えることは同じなのか、お菓子などを売る露店まで出ていたそうです。
  • Seer defies own death prediction(BBC)

    幸い(?)にも予言は外れ、その時が過ぎても何も起きませんでした。彼は90歳まで生きるだろうと新たな「予言」をしました。

    パンジラルさんには、奥さんと4人の娘、息子が1人いるそうです。お父さんが亡くならずに済んで、家族はほっとしているそうです。

  • ←よろしければクリックしてください
  • スポンサーサイト


    ≪ フジモリ氏、チリ入国の狙いホームワールドニュース1週間 2005年10月24日~10月30日 ≫

    Comment

    コメントの投稿

     
    管理人にのみ表示する
     

    Track Back

    TB URL

    Home

    広告

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    プロフィール

    worldnews

    • Author:worldnews
    • FC2ブログへようこそ!

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。