ワールドニュースクリップ

気になる海外ニュース、押さえておきたい国際ニュースをチェック



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風の名前 - 台風14号はナービー(蝶)

凶暴なハリケーンに「カトリーナ」の名前」の続きです。ワールドニュースとはちょっとずれますが、台風の名前も紹介したいと思います。

九州に大きな被害をもたらした台風14号には「ナービー」、韓国名で「蝶」という名前が付けられています。

台風のアジア名(気象庁)

140個の名前があるリストを見ると、日本は星座ですね。

「テンビン」「ヤギ」「ウサギ」「カジキ」「カンムリ」「クジラ」「コップ」「コンパス」「トカゲ」「ワシ」と、14個おきに10個の日本名があります。

「ウサギ」や「カジキ」はスピードが速そう。テレビで「大型で非常に強い台風ヤギが、先ほど伊豆半島に上陸しました」とアナウンサーが言っても、何か迫力も緊張感もないような(^^;

台風の命名方式には番号方式とリスト方式があって、日本は前者を採用しています。被害の大きかった台風には「伊勢湾台風」などの名前を付けていました。ただこれも、1977年以降は命名されていないそうです。

台風の名前について(デジタル台風)
リスト方式は、あらかじめリストされた名前からつけていく方式です。ハリケーンの場合がそうですね。そういえば、「キャサリン台風」という名前もありました。

台風の知識(防災システム研究所)

下の方ある「台風の名前」「過去の主な台風と被害」を読むと、「キャサリン台風」は、アメリカに占領されている時に来た台風なので、こんな名前が付けられているとか。戦前は、上陸した場所の地名で「室戸台風」などの名前がついたそうです。

アメリカの女性の名前はなじみが薄いということもあり、2000年から北西太平洋領域で発生する台風に関しては、日本などがアジア地域の国が加盟する「台風委員会」がリストした名前が順番に使われています。

先ほどの気象庁のリストを見ると、名前の付け方が各国でバラバラですね。お国柄を反映しているのか、見ていて面白いです。
北朝鮮が付けた名前もあります。「メアリー」は「やまびこ」という意味だとか。さすがに「将軍様」の名前はないようです。
ミクロネシアの「ソウデロア」は「伝説上の酋長」という意味なので、偉い人の名前もあるんだなあと。
「ラマスーン=雷神」「フンシェン=風神」などは、自然を畏怖し崇拝するところから来ているのでしょうか、台風にピッタリ(?)の名前ですね。

  • ←よろしければクリックしてください
  • スポンサーサイト


    ≪ ハリケーン「カトリーナ」各社の特集ホームワールドニュース1週間 2005年8月21日~9月 3日 ≫

    Comment

    コメントの投稿

     
    管理人にのみ表示する
     

    Track Back

    TB URL

    Home

    広告

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    プロフィール

    worldnews

    • Author:worldnews
    • FC2ブログへようこそ!

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。