ワールドニュースクリップ

気になる海外ニュース、押さえておきたい国際ニュースをチェック



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凶暴なハリケーンに「カトリーナ」の名前

米南部を襲った超大型ハリケーン「カトリーナ」の被害は、米史上過去最悪になるかもしれないそうです。死者は数千人になるとニューオリンズの市長が発言しています。

New Orleans evacuations under way(CNN)
Special Reports - Hurricane Season 2005(CNN)

これほどの被害を出したハリケーンに、「カトリーナ」という女性の名前がついています。優雅というか何というか。。。なぜだろうと思ってちょっと調べてみました。

どうも、人々の記憶に残るようにするために、ハリケーンに名前を付けはじめたそうです。日本のように番号で区別している国は少ないとか。ただ、日本でも被害が大きい台風のの場合は、「伊勢湾台風」のように名前が付けられるそうです。

台風の名前について(デジタル台風)

発生する場所によって、ハリケーンや台風と呼ばれ方が違ってきます。ハリケーンは、北米や中南米などの大西洋地域で主に使われているそうです。また、成長具合(?)によっても呼ばれ方が違うとか。

ハリケーンとは(在マイアミ日本国総領事館)
ハリケーン(ウィキペディア)

Tropical Wave → Tropical Depression → Tropical Storm → Hurricane

最後のハリケーンになった時点で名前がつくそうです。風速が時速74マイル以上なので、キロに直すと時速118km、秒速約33メートルでしょうか。カトリーナは約65メートルというとんでもない勢力にまで発達しました。
以前は「米空軍や海軍の気象学者らが、彼らのガールフレンドあるいは妻の名前を愛称として使ったことから、女性の名前のみが使われていた」(デジタル台風より)そうです。もっと前は聖人の名前だったようです。

Reason to name hurricanes

女性のみの名前は男女同権に反するし、まずいんじゃないということで、6年周期で使うリストが作られ男女両方の名前がつくようになったそうです。

Worldwide Tropical Cyclone Names(NOAA)

カトリーナの次はleeですね。ひどい被害を出したハリケーンの名前は2度と使われないそうです。リストから削除され、新しい名前が使いされるそうです。

台風にも名前がついています → 台風のアジア名(気象庁)

象とか悟空とか「かわうそ」とか、いろいろありますね(^^;
この前の11号は「マーワー」(ばら)でした。
時間がなくなってしまったので、続きは台風が来た時にでも。すみません。。。

追加:その後、続きを書きました。
台風の名前 - 台風14号はナービー(蝶)
ハリケーン「カトリーナ」各社の特集

  • ←よろしければクリックしてください
  • スポンサーサイト


    ≪ 40年前に行方不明になった首相ホーム国境を「砲弾」になって越えた男 ≫

    Comment

    ちもさん、はじめまして。コメントありがとうございます。ホント、いろいろな名前がありますね(^^:

    す、すごい情報量ですねww
    カワウソてw
    悟空とか象なら諦めつきますけど、カワウソに家壊されたらむかつきますよねww

    コメントの投稿

     
    管理人にのみ表示する
     

    Track Back

    TB URL

    Home

    広告

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    プロフィール

    worldnews

    • Author:worldnews
    • FC2ブログへようこそ!

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。