ワールドニュースクリップ

気になる海外ニュース、押さえておきたい国際ニュースをチェック



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドニュース1週間 2005年6月26日~7月 9日

先週お休みしたので2週間分です。先月中旬から私事でばたばたしており、更新のスピードが落ちています。今月終わりまでこの状態は続きそうです。m(_ _)m 

7日に、ロンドンで同時多発テロが起きました。五輪開催やサミットで、ニュースの中心にいたイギリスにとって、冷水を浴びせられた格好です。
テロ後の情報管理がしっかりしているせいか、テロ事件の全容や、正確な死傷者数がよく分からないです。

--- 6月26日(日) --------------------

・アフガンの掃討作戦で178人死亡

アフガニスタン南部で、米軍支援のタリバン掃討作戦が行われ、178人が死亡、56人が拘束された。30日に終了した武装解除には6万人以上が応じたという。

アフガン南部で武装勢力掃討作戦、178人死亡(ロイター)

--- 6月27日(月) --------------------

・中国、半年で農民暴動130件

2004年の1月~6月に、中国の農村で130件の暴動や紛争が発生。約3分の2は、土地の強制収用をめぐる農民と警察当局の衝突だった。こうした実態が明らかになるのはまれという。

半年で農民暴動130件 中国、3分の2が土地収用(北海道新聞)
--- 6月28日(火) --------------------

・両陛下、サイパンご訪問

天皇、皇后両陛下が、戦没者慰霊のためサイパン島を訪問。「おきなわの塔」や「韓国平和記念塔」にも立ち寄られた

両陛下、サイパンご訪問 激戦の地、黙礼(毎日新聞)

--- 6月29日(水) --------------------

・フィリピン大統領の夫が出国

昨年の大統領選挙に関する疑惑で、苦しい立場にあるフィリピンのアロヨ大統領。疑惑の渦中にある大統領の夫が出国。

不正資金疑惑のアロヨ比大統領の夫が出国(ロイター)

--- 6月30日(木) --------------------

・米BSE、2頭目は初の米国産

牛海綿状脳症(BSE)に感染していると確認された2頭目の牛は、初の米国内産だったことが分かり、日本における米国産牛肉輸入再開論議にも影響がでると予想される。

米国BSE:2頭目は初の米国産 「安全」の根拠崩れる(毎日新聞)

--- 7月 1日(金) --------------------

・ドイツ首相の信任案否決

ドイツ連邦議会は、シュレーダー首相への信任案を反対多数で否決し、首相は不信任となった。総選挙を前倒しするために故意に行われたという。

ドイツ首相:不信任が成立 議会解散要請で総選挙へ(毎日新聞)

--- 7月 2日(土) --------------------

・世界各地で「ライブ8」開催

G8サミットに合わせて世界各地で行われた、アフリカ貧困の救済を訴えるコンサート「ライブ8」。数百万人が集結したという。

世界各地で「ライブ8」 アフリカ貧困救済訴え(CNN)

--- 7月 3日(日) --------------------

・エジプトのイラク大使、拉致される

イラクに着任したばかりの、エジプト大使が武装集団に拉致された。その後、アルカイダが殺害の声明を出した。

エジプト:駐イラク大使、武装集団が拉致 バグダッド(毎日新聞)

--- 7月 4日(月) --------------------

シラク仏大統領、英米こき下ろす

仏紙によると、シラク大統領がプーチン露大統領との会談で、米英国をこき下ろす冗談をいい、同席者を笑わせたと報じた。

仏大統領:ロシア首脳らとの会談で英米こき下ろす?(毎日新聞)

--- 7月 5日(火) --------------------

・上海協力機構、米の影響力排除に動く

ロシアと中国、中央アジア4か国でつくる上海協力機構。首脳会議で、米軍の撤退時期を明確にすることを求めた首脳宣言を採択。

上海協力機構が首脳宣言 米の影響力排除に動く(産経新聞)

・中国、主導的姿勢を鮮明に

、中国やタイ、ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナムの首脳が集まり、メコン川流域の開発計画を話し合う会議が行われた。中国は、域内の主導的役割を目指す。

中国、主導的姿勢を鮮明に メコン川流域首脳会議「昆明宣言」採択(産経新聞)

--- 7月 6日(水) --------------------

2012年の夏季五輪はロンドンに

国際オリンピック委員会(IOC)総会で、2012年の夏季五輪はロンドンで開催されることが決まった。最後まで争ったパリは落選となり、先日皮肉を言ったシラク大統領は落胆。

2012年夏季五輪の開催地、ロンドンに決定(サンケイスポーツ)

--- 7月 7日(木) --------------------

・ロンドンで同時多発テロ

朝のロンドン中心部で、地下鉄やバスを標的とした同時多発テロが発生。多数が死傷する惨事に。同国では、G8サミットが開催されていた。

死者50人以上、重体22人 ロンドン同時テロ(産経新聞)

--- 7月 8日(金) --------------------

・アロヨ大統領、窮地に

・昨年の大統領選をめぐる疑惑で、閣僚ら11人が抗議の辞任。アロヨ大統領に対し辞任を要求した。アキノ元大統領も、政治混乱回復のため辞職を要求した。

フィリピン:閣僚ら11人が辞表 アロヨ大統領に辞任要求(毎日新聞)

--- 7月 9日(土) --------------------

・サミット閉幕、対テロで結束

イギリスで開催されていた主要国首脳会議(グレンイーグルズ・サミット)は、ロンドンで起きた同時テロを非難し、G8が結束してテロに立ち向かう決意を表明した。

サミット閉幕 議長総括に「拉致」明記(産経新聞)

・6か国協議再開で米朝合意

・北朝鮮の金桂冠外務次官とヒル米国務次官補が北京で会談し、北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議を今月下旬に再開することで合意した

今月最終週に6カ国協議再開(中央日報)

  • ←よろしければクリックしてください

  • スポンサーサイト


    ≪ メロンをめぐる2つの事件ホームロンドン同時テロと海外メディアの特集 ≫

    Comment

    コメントの投稿

     
    管理人にのみ表示する
     

    Track Back

    TB URL

    Home

    広告

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    プロフィール

    worldnews

    • Author:worldnews
    • FC2ブログへようこそ!

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。