ワールドニュースクリップ

気になる海外ニュース、押さえておきたい国際ニュースをチェック



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3億ドルのお金がイラク国外に持ち出される

Mystery in Iraq as $300 Million is Taken Abroad - NY Times

今年初め、イラク中央銀行から3億米ドル(日本円で約300億円)のお金がレバノンに持ち出され、イラク軍の戦車や武器購入代金として使われたそうです。
ただ、それらのお金が何の目的で持ち出されたのか、武器購入にすべて使われたのか、誰に支払われたのかが謎に包まれているそうです。つまり、公式な売買契約ではないようで。

どこからこんな話が出てきたかというと、イラク国防相がアハマド・チャラビーという人物を逮捕しようとしたからだとか。逮捕に抵抗しようと中東のメディアに出演し、武器購入費の一部は別の目的で使われたと主張したそうです。
チャラビー氏は結構くせ者といわれています。
フセイン政権の時代に反体制派としてアメリカに取り入って勢力を伸ばし、暫定政府の首相候補とまで言われました。ところが、支援のお金を私的に使ってしまったり、イラクに大量破壊兵器があるという、今となっては偽情報をアメリカに流したりするなど、何かと問題の多い人物で、アメリカも愛想を尽かして逮捕されるところまで来ています。

その一方で、フセイン時代よりも汚職がははびこっている今のイラク政府内では、購入代金の一部がどこかに流れたかもしれないということは「公然の秘密」とか。

国防相の側近によれば、今回の武器購入は国防相や首相は承認済みだったそうです。誰に支払ったのかについては、「彼らが殺されるかもしれない」ということで回答を拒否したとか。

今月末の国民議会選挙を前にテロが相次いでいますが、尾を引きそうな一件ですね。
スポンサーサイト


≪ 裁判官達が「新車買って」とストライキホームタイタンにメタンの川や海 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

広告

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

worldnews

  • Author:worldnews
  • FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。