ワールドニュースクリップ

気になる海外ニュース、押さえておきたい国際ニュースをチェック



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアに中国のスパイ網?

オーストラリアに中国のスパイ網があるそうです。その数1000人だとか。

そもそもの発端は、在シドニー総領事館の外交官、チェン・ヨンリン氏がオーストラリアに政治亡命を申請したことがきっかけでした。

China diplomat makes asylum plea(BBC)

オーストラリア国内の中国人反体制派を監視していたそうで、彼らに対する迫害に耐えられなくなったそうです。反体制派の誘拐など、中国政府の監視活動の例を挙げ、中国政府が長年何も改革をしてこなかったこと、中国人民に政治的な自由がないことを批判しています。

その後、オーストラリアに観光で入国した中国政府関係者、ハオ・フェンジン氏も亡命を申請しました。この人は中国の治安機関で働いたことがあるそうです。

Second Chinese man in asylum bid(BBC)

オーストラリア国内で1000人余りの中国人がスパイ活動をしているというチェン氏の発言を、ハオ氏は支持したそうです。
ビジネスマンや留学生、もしくは観光客を装ってオーストラリアで活動しているそうです。彼ら(彼女ら)が法輪功など組織に潜入しているとか。監視の他に、オーストラリア国内の世論を中国よりにしたい意向があるようです。

1年ほど前に中国から逃げてきた男性が、彼らから脅された経験があると主張しています。後をつけられ脅迫文を送りつけられたり、車を壊されたり、死んだネコを送りつけられた人もいたそうです。どこまで本当なのか。。。

Another China dissident claims(Ledger-Enquirer.com)

オーストラリア政府関係者はコメントを差し控えているそうですが、同国の情報機関の一人は、このスパイ網の調査を強化しているようです。

亡命申請したチェン氏によると、1年に1人ぐらい誘拐されているそうです。息子を誘拐し、父親が中国に戻らなければ殺すと脅したとか。

Chinese agents behind kidnappings 'once a year': Chen(The Sydney Morning Herald)

チェン氏の亡命申請は、オーストラリアと中国が経済的な結びつきを強めようとしているなかで起きた「事件」です。中国政府は、経済をてこにオーストラリアの非難を封じ込めたいという意向があるとチェン氏は主張しています。

Chen 'abandoned and betrayed'(The Australian)

続報があったら、また紹介したいと思います。

  • ←よろしければクリックしてください
  • スポンサーサイト


    ≪ 日本の「クジラバーガー」と欧米のメディアホーム風邪がはやっているようで ≫

    Comment

    それでも地球は回るさん、はじめまして。書き込みありがとうございます。読売の記事は書く前に読みましたが、チェン氏の発言もどこまで本当なのか気にはなっています。あと、見えないところで一体何が起きているのかも気になっていまして。続報があればまた紹介したいと思っています。

    信憑性には疑問も

    亡命申請して却下されたこの領事は、ある中国人を拉致して中国へ送り返したと言っていましたが、本人が自分で帰国したこと等が明らかになり、どこまで信じて良いか疑問も残っています。

    コメントの投稿

     
    管理人にのみ表示する
     

    Track Back

    TB URL

    中国人領事の主張に疑義 オーストラリア

    元中国外交官の主張の一部に虚偽の疑い…豪紙報道 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)中国の人権状況に嫌気がさしたとして、オーストラリアに亡命を申請して却下され、保護申請をしていた在豪中国領事が、自分が関わったと主張している拉致事件について虚偽の主張をした疑

    Home

    広告

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    プロフィール

    worldnews

    • Author:worldnews
    • FC2ブログへようこそ!

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。