ワールドニュースクリップ

気になる海外ニュース、押さえておきたい国際ニュースをチェック



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブッシュ米大統領、2期目の就任演説

The President's Speech Focuses on Ideals, Not the Details - NY Times

President Sworn-In to Second Term | Inauguration 2005 - The White House


約20分間に渡ったブッシュ大統領の就任演説で、1期目4年間のキーワードだった「イラク」「アフガニスタン」「9.11」「テロ」「ビンラディン」「フセイン」「北朝鮮」という言葉は出てきませんでした。
その代わり、「free」や 「freedom」という言葉は25回以上使われたそうです。

議論の的になるような具体的なことには言及せず、理想をうたいあげることに主眼が置かれたようですね。
で、どのようなことを言ったかというと、例えば、

「世界平和のため最良の方法は、自由を世界に広げること」
「圧政を終わらせることが究極の目標」
「圧政や絶望が支配する国に住む人々をアメリカは無視しない。支援の手をさしのべる。」
「無法な国の指導者は、人民に仕えることを知る必要がある」

などなど。

イラン北朝鮮など、核開発を進めてアメリカとの関係が悪化している国々を念頭に置いているのでしょうか。今後4年間はウォッチした方がいい国ですね。

でも、専制政治(もしくは近いこと)をやっている国は他にもあって、サウジビアシリアパキスタンロシアなどとの関係をどうするつもりなのか。

自由を広げるための手段として、武力行使も選択肢の一つというようなことも言っていたので、イラクやアフガニスタンの再現があるかもしれません。でもイラクで手一杯でそんな余裕もないような。

一つ言えることは、これから4年間でこの理想を実現することは、とても大変で困難だということでしょうか。

最後が暗くなってしまいましたが、それでも2期目は始まったので、時々取り上げていきたいと思います。
スポンサーサイト


≪ タイタンにメタンの川や海ホームブッシュ米大統領が就任演説、政権は2期目に ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

広告

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

worldnews

  • Author:worldnews
  • FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。