ワールドニュースクリップ

気になる海外ニュース、押さえておきたい国際ニュースをチェック



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドニュース1週間 2005年5月22日~5月30日

いろいろあった一週間でした。

中国の副首相が、小泉首相との会談をキャンセルし突然帰国。
イラクでは米軍による大規模な掃討作戦が始まる一方で、ザルカウイ容疑者の消息をめぐって混乱が。一種の情報戦が繰り広げられているのでしょうか。イラクで襲撃され負傷した斎藤さんが死亡したという映像を武装勢力が公表し、外務省は死亡をほぼ断定しました。残念です。。。
「旧日本兵」発見という話の雲行きは、どうも怪しい方向に。
フランスでは国民投票で欧州憲法が否決され、統合に大きな打撃となりました。後ほど取り上げたいと思います。

--- 5月22日(日) --------------------

・ドイツ総選挙前倒し

ドイツ州議会選での与党の敗北を受け、シュレーダー首相は来年9月の総選挙を今年の秋に実施すると表明した。

独総選挙:前倒しは連立与党ジリ貧現状打開が狙い(毎日新聞)

続きを読む ≫

スポンサーサイト

ビッグベンのチャイムが止まる

ロンドンにある「ビッグベン」という有名な時計塔のチャイムが、突然鳴らなくなったそうです。

Big Ben chimes stoppage mystery(BBC)

現地時間の5月28日の夜10時過ぎに時計が止まったあと、いったん動き出したもののまた止まってしまい、90分ほど「沈黙」したとか。

第二次世界大戦中の攻撃にも耐えた時計塔が止まることは、1858年の開始以来147年間で数えるほどしかなく、最近では1997年の4月30日とその数週間後だったそうです。久しぶりに「一服」したくなったのでしょうかね。

原因はよく分かっていないそうで、日中暑かったことが理由の一つとして考えられるそうです。

  • ←よろしければクリックしてください
  • カスピ海の新パイプラインと米ロの攻防

    カスピ海の石油を地中海経由で欧米に送るための大規模なパイプラインが完成しました。アメリカが支援し、構想から10年以上かかって完成したプロジェクトで、イギリスのブリティッシュ・ペトロリアム(BP)が中心となって運営します。日本も建設に参加しており、国際石油開発のサイトでBTCパイプラインプロジェクトが紹介されています。

    カスピ海の石油は、これまでロシア経由で黒海から船積みされ、黒海と地中海を結ぶボスポラス海峡を通って欧米に送られていました。
    このルートはロシアを通過せず、建設にはブッシュ政権の意向が大きく働いているようです。

    Pipeline opens new oil route to west(Guardian Unlimited)
    Q&A: The Baku-Tbilisi-Ceyhan pipeline(Guardian Unlimited)

    " Baku-Tbilisi-Ceyhan " (BTC)という全長1770kmのパイプラインは、アゼルバイジャングルジアを通り、トルコにつながっています。1日100万バレルの生産量で、世界の生産量の1%ぐらいだとか。

    続きを読む ≫

    カナダ史上最悪の連続殺人犯

    このブログを始めてからカナダの話題を何も書いてこなかったので、史上最悪の連続殺人犯の話を紹介したいと思います。

    Accused killer Robert Pickton facing 12 new first-degree murder charges(Canada.com)
    Robert Pickton facing 12 new murder charges(CTV.ca)
    New Canada pig farm death charges(BBC)

    バンクーバー郊外に住む養豚業者、ロバート・ピックトン容疑者(55)が、過去25年間に数多くの女性を殺害し、自宅の地中に埋めていたそうです。その数は60人以上になりそうです(各社の数字がまちまちなのではっきりしません)。大半の女性は売春や麻薬と関係していたとか。

    ピックトン容疑者は、3年前に拘束され取り調べを受けていました。警察は彼の自宅の建物を壊して捜査を進め、数多くの証拠を押収しました。来年初めまでには裁判が始まるそうです。

    続報があればまた紹介したいと思います。

    丸紅経済研究所が発表している資料

    ウズベキスタンの混乱について何か書こうと思っていたら、バタバタして時間がなくなってしまいました(すみません…、またの機会に)。
    そこで今回はたまにチェックしている丸紅経済研究所のサイトを紹介します。

    丸紅経済研究所

    発表は不定期ですが、調査や研究の成果をウェブ上で無料公開しているので、読むと結構勉強になります。図や表を多用しているので、読みやすく分かりやすいかも。今月に入って3本ほどアップされていました。

    人民元・中国経済の展望 と 日本経済への影響

    「米国経済の中期見通し」 -経済の「歪み」をいかに調整するか-

    「前進を始めた新興市場大国インド」-インドの政治経済の現状と展望2005-

  • ←よろしければクリックしてください
  • 北朝鮮側が「切迫した事情」を説明

    先の南北次官級会談で、韓国から北朝鮮へ肥料20万トンを供与することで合意しましたが、会談の最中に北朝鮮側が「切迫した事情」を説明し、肥料とコメ支援を急ぐよう要請したそうです。

    「切迫した状況」の北朝鮮は今…? (朝鮮日報)

    朝鮮日報の記事によると、平壌でもコメの確保が難しくなっているようです。軍隊の規律もゆるんでいるようで、飢えに耐え切れなくなった兵士らが脱走し、民家を襲う事件まで発生しているとか。過去に、1年間で約1.5万人脱走したという話もあり、軍隊の規律がゆるんでいるようです。

    核問題より、軍の統制がきかなくなる方が怖いですね。
    北の急変事態対応韓米軍作戦会議(中央日報)

    続きを読む ≫

    ワールドニュース1週間 2005年5月16日~5月21日

    コーラン冒とく記事で反米デモが起き、フセイン氏の下着姿の写真が流出するなど、米国とイスラム圏の関係は相変わらず。ウズベキスタンでは混乱が続き、韓国と北朝鮮の会談は実りのないまま。イギリスの「謎のピアニスト」が話題になり、台湾では「グリコ・森永事件」が起きました。

    --- 5月16日(月) --------------------

    ・米誌、コーラン冒とく記事を取り消し

    コーラン冒とく記事をきっかけにイスラム諸国で反米デモが相次いでいた問題で、ニューズウィーク誌は誤報だったと謝罪し記事を取り消した。

    ニューズウィーク、コーラン冒とく記事を取り消し(ロイター)

    続きを読む ≫

    一夜にして湖が消えた村

    村の近くにある湖が、一夜にして消えてしまったそうです。

    Large lake completely disappears in Russian village overnight(PRAVDA.Ru)

    ロシアの首都モスクワから数百km東にある村で起きた事件(?)で、村人が朝起きて見たら、湖が大きな溝に変わっていたとか。記事の写真を見るとかなり大きいですね。
    湖と村の間には300mほどの距離があったので、犠牲になる人はいなかったそうです。地元の消防の人は、「もし巻き込まれていたら命はなかっただろう」といっています。地元の漁師は「本当にびっくりした」と驚いています。

    湖の下の部分が崩壊し、地下を流れる川につながったため、お風呂の水を抜くように湖の水がなくなったそうです。
    70年前にも別の村で同じような出来事があり、数件の家が沈んだそうです。怖いですねえ。。

  • ←よろしければクリックしてください
  • 石油生産のピークは来年か

    レギュラーガソリンの値段が120円を超えています。高いと思いつつも、仕方なしに給油している方も多いのではないでしょうか?
    原油価格の高騰は、経済成長著しい中国が大量の石油を輸入し世界的な需要も増大しているからとニュースで報道されています。
    価格は今後さらに上昇しそうです。石油生産のピークは来年で、その後は減少するという記事がありました。長文なのでざっくり要約して紹介します。

    The end of oil is closer than you think(Guardian)

    石油掘削の最前線で長年働き、引退後は石油消費についての研究所設立に関わった英国の石油地質学者、コーリン・キャンベルさんが、「石油時代」の終わりの始まりについて、スイスの財政家達に講演したそうです。

    石油がすぐなくなることはないが、生産の減少が、石油製品に囲まれている私たちの生活を劇的に予測不可能な形で変えるとか。
    政府や石油会社が出している資料などを基に計算すると、石油生産のピークは予想以上に早く来年かもしれないそうです。生産は年に約2-3%減少していくとか。

    続きを読む ≫

    同じ人が連続して使えない洗濯機

    だんなが全く家事をやらないと嘆いている主婦の方に朗報です。スペインのデザイナーが、問題を解決する洗濯機を作りました。

    Washing machine fingers lazy male(BBC)

    この洗濯機は"Your Turn"(あなたの番)という名前で、父の日のプレゼント用に売り出すとか。

    指紋認証技術を使っているので、同じ人が連続して使うことができない仕様になっています。まずセンサーとパソコンをつないで指紋を登録した後、センサーを洗濯機につないで使うとか。2人とも登録しないといけないそうです。

    デザイナーの方は、この洗濯機は冗談半分の製品で、要は、夫婦が一緒に家事をやるきっかけになればと言っています。

    でも、最初に指紋を使って洗濯機を回すわけで、洗濯が1回で終わる場合には解決になりませんよね。。奥さんがやってしまえばいいわけで。
    このデザイナーの奥さんが全く家事をやらない人なのかも。

  • ←よろしければクリックしてください
  • 斎藤昭彦さんを襲った「アンサール・スンナ軍」のサイト

    斎藤昭彦さんらを襲撃したイラクのイスラム武装勢力「アンサール・スンナ軍」のサイトを見つけました。下はミラーサイトのようです。

    アンサール・スンナ軍
    この武装組織の簡単な概要は、東奥日報の用語を参考にしてください。

    アラビア語なのでよく分かりませんが、URLを一階層あがったinfovlad.netにアクセスすると英語になります。襲撃時の映像を見ることができましたが、斎藤さんが映っているのかよく分かりませんでした。でも怖いです。こういった恐怖心を持たせることが彼らの目的なのかもしれません。

    infovlad.net
    Ansar Alsunnah and Japanese Hostage

    続きを読む ≫

    ワールドニュース1週間 2005年5月6日~5月15日

    ゴールデンウィークで休んでいたので、長めの「まとめて1週間」です。イラクで日本人が拘束され、ウズベキスタンでは反政府暴動が起きています。

    斎藤昭彦さんに重傷を負わせたと言っているアンサール・スンナ軍のサイトって、これでしょうか。斉藤さんが所属していた警備会社「ハート・セキュリティー」のサイトはこちらから。右上の"NEWS"から最新情報が読めます。

    --- 5月6日(金) --------------------

    ・イギリス総選挙で与党が勝利

    イラク戦争の是非などが争点になったイギリス下院の選挙で、与党労働党が史上初の3回連続勝利。野党党首は辞任を表明。

    英首相が組閣へ 保守党党首は辞意表明(東奥日報)

    続きを読む ≫

    ウェンディーズの「指」の出所明らかに

    以前紹介した、ウェンディーズの「人の指」騒動ですが、指の「持ち主」が明らかになりました。

    Police ID Wendy's Finger Owner(CBSNEWS)

    どんな話だったかというと、アンナ・アヤラという女性がファーストフードのウェンディーズで食事をした時に、料理のチリから人の指が出てきたと主張して騒ぎになり訴訟まで起こした事件で、結局彼女のいたずらということが分かり逮捕されました。売り上げが落ちてしまうなど、ウェンディーズも影響を受けました。ただ、この指は本物で、一体誰のものなのかということが謎のままでした。

    続きを読む ≫

    イラクが主要な麻薬輸送ルートに

    移行政府発足後もテロ事件が相次ぐなど、混乱が続くイラクですが、薬物を監視する国際機関(INCB)によると、イラクが麻薬密輸の主要なルートになっているそうです。

    Lawless Iraq is 'key drug route'(BBC)

    国内の治安が悪化しており、国境の監視も不十分なので、アフガニスタン産の大麻やヘロインなどが、イラク経由でヨルダンに流れ、そこからヨーロッパへ運ばれているそうです。業を煮やしたヨルダンは、イラク国境で大量の麻薬密輸を摘発したとか。

    続きを読む ≫

    北朝鮮の「瀬戸際戦術」再び

    北朝鮮が使用済み核燃料棒の取り出しを宣言しました。中国が北朝鮮の核兵器開発を許すわけもなく、アメリカと直接協議がしたい北朝鮮の「瀬戸際戦術」ですね。

    北の外務省「使用済み核燃料棒取り出し終了」(朝鮮日報)
    北朝鮮の核開発(東奥日報)

    今回たちが悪いのは、IAEA(国際原子力機関)のエルバラダイ事務局長までが、北朝鮮が核兵器を最大6個持っている「かも」と断定を避けつつ発言していることです。アメリカの新聞が「政府高官の情報」として、真偽が分からない同じような話をこれまでに何度も流していますが、それに乗った形です。
    エルバラダイ氏は米国と対立しており、米国は彼の再任を拒否しています。3期目も続けたいがための発言でしょうか。

    続きを読む ≫

    アメリカ入国で気になったこと

    ハワイから帰国したということもありますが、日本の寒さに面食らいました。

    日本のニュースを見なかったので、竹内結子が妊娠3カ月で、中村獅童が会見して入籍することを明かしたとか(涙)、藤井隆と乙葉が婚約した話は全く知りませんでした。あ、これは国際情勢じゃないですね。。。イラクで日本人が襲撃され負傷したというニュースは、CNNを見ていた時に画面の下のテロップで知りました。

    2年ぶりのアメリカでしたが、入国審査時のテロ対策で気になったことは、

    ・入国審査時に、指紋と顔写真を取られた

    小型のスキャナーのような装置で、左右の人差し指の指紋を取られました。日本にあった指紋押捺制度を思いだし、あまりいい気分ではありませんでした。顔写真はウェブカメラを使って撮影されました。変な顔を作ってみましたが何もいわれませんでした(審査官は笑っていた)。前回は問題にもされませんでしたが、イランに行ったことがあるので、ビザを見ていろいろ質問されました。

    続きを読む ≫

    ワールドニュース1週間 2005年5月1日~5月5日

    ずらして取ったゴールデンウィークがやっと始まったので、海外に逃亡します。そのため今回は早めの「まとめて1週間」です。

    韓国の与党大敗、北朝鮮のミサイル試射(もう相手にされないような…)、中国の反日デモ阻止、NPTの再検討会議開幕、アルカイダNo.3拘束、ブレア英政権の続投確実など

    --- 5月1日(日) --------------------

    ・韓国の与党ウリ党が大敗

    韓国で行われた国会議員補欠選挙。過半数を目指していた与党ウリ党は1議席も獲得できず大敗。盧政権に打撃も。

    【国会議員補欠選挙】ウリ党が大敗 1人も当選できず(朝鮮日報)

    ・北朝鮮がミサイルを試射

    北朝鮮が1日午前、日本海に向けミサイルを発射。旧ソ連製SS21の改良型で、射程は約100kmという。進展しない米との協議に焦りか。

    米軍当局「北、短距離ミサイル発射可能性」(朝鮮日報)

    続きを読む ≫

    ますます大きくなるハンバーガー

    6ポンド(2.7kg)のハンバーガーを食べた女性という話を以前紹介しました。

    アメリカのDenny's Beer Barrel Pubというレストランが提供している巨大ハンバーガーに、Kate Stelnickという19歳の女子大生が挑戦して見事に完食したという話で、記念のサイト(?)もあります。

    Kate Stelnick

    6ポンド(約2.7kg)のハンバーガーと、5ポンド(約2.2kg)の付け合わせを3時間で食べるというルールになっています。サイトを見ると、確かにバーガーのサイズは大きいですが、この女性は体格的にどう見ても普通の人ですよねえ。どんな胃袋を持っているんでしょうか。
    このレストランは、今度は15ポンド(約6.8kg)のハンバーガーを作り、挑戦者を募集しています。倍以上のサイズですね。

    続きを読む ≫

    ミスコン優勝者の体重は110kg

    タイ郊外の動物園で行われた「ミスジャンボクイーンコンテスト」。減り続ける象への対策で寄付金を集めるために開催され、今年で9年目を迎えました。
    24人が参加したコンテストで見事女王の座をつかんだのは、チャンスワンさんという18歳の女子大生でした。体重は242ポンド(約110kg)もあるとか。ちなみに、このコンテストの体重制限は約70kg「以上」だそうです。

    Jumbo Queen says fat is beautiful(Yahoo! News)
    Woman Named Miss Jumbo Queen in Thailand(Yahoo! News)

    「太っていることは美しくないと言わせないわ」と、チャンスワンさんは優勝のインタビューで述べたとか。とても大きなトロフィーと優勝賞金1270ドル(日本円で約13万円)を獲得しました。
    体重が400ポンド(約181kg)あった女性には特別賞が贈られたそうです。

    韓国紙も嘆く「親日」騒動

    ワールドニュース1週間でも紹介しましたが、国民の行き過ぎた反日行動を、あおっていた(?)韓国紙もさすがにおかしいと感じたのか、戒める記事がちらほら出てきました。
    対日外交戦争発言をしていた盧大統領も最近はトーンダウン気味です。対日強硬発言の裏には、昨日行われた国会議員補欠選挙で、与党ウリ党の議員を当選させる目的もあったようですが、惨敗に終わっています

    趙英男氏が親日派なのか(朝鮮日報)

    趙英男さんは韓国の人気歌手で、日本で「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」を出版し、産経新聞とのインタビューで発言した内容が、韓国国内で激しいバッシングに遭っています。出演している番組を降板したとか。

    趙英男氏「冷静に対応するなら日本の方が一段上」(朝鮮日報)
    趙英男さんが13年間続けた番組司会を辞任(朝鮮日報)

    続きを読む ≫

    ワールドニュース1週間 2005年4月25日~4月30日

    シリアのレバノン撤退、イラク移行政府発足、プーチン大統領の中東歴訪など中東で動きのあった一週間でした。東アジアでは、国共トップが60年ぶりに会談し、韓国では「親日」の歌手が非難を浴びているようです。「親日」騒動では、木を「親日の残骸」として切り倒してしまう事件もありました。異常さを感じます。日本の首相や外相は、安保理常任理事国入りを目指し外遊しています。

    --- 4月25日(月) --------------------

    ・上海の反日デモ参加者を逮捕

    上海市公安当局は、反日デモに参加し日本料理店などの破壊行為を行った大学教員らを逮捕。地元メディアは実名で報道し、当局は自首を呼びかけている。

    上海の反日デモ、大学教員らも参加(日刊スポーツ)

    --- 4月26日(火) --------------------

    ・シリア軍、レバノン完全撤退

    レバノン駐留のシリア軍が、ベカー平原で撤退完了の式典を行い29年の駐留に幕。米国は、シリアが情報機関網を温存していることを警戒しており、国連は撤退の検証チームを派遣するという。

    シリア軍:レバノンから完全撤退 29年の駐留に幕(毎日新聞)

    続きを読む ≫



    ホーム

    Home

    広告

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    プロフィール

    worldnews

    • Author:worldnews
    • FC2ブログへようこそ!

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。