ワールドニュースクリップ

気になる海外ニュース、押さえておきたい国際ニュースをチェック



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン国王がチャベス大統領に「黙れ」

"Por que no te callas?" → "Why don't you shut up?"だそうで(笑)

'Shut up' is hit ringtone in Spain(Yahoo!News)

チリの首都サンチアゴで開催されたイベロ・アメリカ首脳会議で、スペインのフアン・カルロス1世国王が、ベネズエラのウゴ・チャベス大統領に対して「黙れ」と発言し退場しました。

スペイン語は片言しか分からないので映像を見てもピンと来ませんが、会場は気まずい雰囲気になっています。



日本語の関連記事:AFPBB News
スペイン国王、ベネズエラ大統領に「だまれ」と激怒
スペイン国王の「黙れ」発言、国内メディアは絶賛




スポンサーサイト

ロンドン同時テロと海外メディアの特集

サミット初日にロンドンで起きた同時多発テロ。海外メディアの特集を見てみました。日本でもし同じようなことが起きた時には、ニュースメディアはどう対応するのでしょうか。

・BBC : LONDON ATTACKS

記者のブログもあります。
Reporters' Log: London explosions

・TIMES : London bombs

・Guardian Unlimited : Attack on London

記事をテーマごとに細かく分けています。

・Yahoo! UK & Ireland : London terror attack

「EMERGENCY HOTLINE」、関連サイトへのリンクがあります。

・Telegraph : Telegraph

こういう緊急を要する話を、いちいちログインしてまで見たくないですね。

・CNN : LONDON BOMBING

・New York Times : ATTACKS IN LONDON

・Washingtonpost : London Explosions

・Yahoo! : London Bombings

右側にブログのリンクも

イタリアの首相だけではなかった

イタリアのベルルスコーニ首相が美容整形をした話は有名ですが、どうも彼だけではなく、他のヨーロッパの首相も外見にお金をかけているそうです。

Prime minister spends big to look good(Reuters)

ちなみに下の記事の写真を見ると、イタリアの首相の顔が激変しているのがよく分かります。かっこよくなりましたね。

Berlusconi keeps Italy guessing(BBC)

最近はダイエット宣言をしたそうです。専門家によると、この宣言は再選への準備に入ったことを意味しているとか。

Waist not, want not, Berlusconi decides(Guardian)

イタリア首相に負けじ(?)とお金をかけているのは、アイルランドの首相・バーティ・アハーン氏で、確かに写真を見るとお金をかけているし、カッコイイですね。

続きを読む ≫

欧州憲法をめぐる新旧ヨーロッパの対立

フランスが国民投票で欧州憲法を否決したニュースは、「欧州の統合の歩みにブレーキがかかった」など、すでに数多くのメディアですでに取り上げられています。このブログで同じことを書いても面白くないので記事を探してみましたが、今後の予測も含め難しいですね。

駐日欧州委員会代表部のサイトに、欧州憲法についての解説があります。これまで締結された数多くの条約を、欧州憲法で一本化するそうです。欧州「憲法」ですが、性格的には「条約」で、加盟25か国全ての批准が必要になります。

あとは、このコラムも参考になると思います。
EU憲法 未知の民主主義への挑戦(日本国際問題研究所)

ユーロ導入後、EUの政策が各国の法律などに反映され、市民生活に深く浸透しているそうです(そこが反発を生み、今回の否決につながったと思われます)。そういう基盤の上に民意を正しく反映させるための政治的なシステムを構築していくには、個人の平等と各国の平等をバランスよく実現させなければならず、国民という意識を超えた新しいタイプの民主主義を目指す前衛的な試みだと結んでいます。

続きを読む ≫

ビッグベンのチャイムが止まる

ロンドンにある「ビッグベン」という有名な時計塔のチャイムが、突然鳴らなくなったそうです。

Big Ben chimes stoppage mystery(BBC)

現地時間の5月28日の夜10時過ぎに時計が止まったあと、いったん動き出したもののまた止まってしまい、90分ほど「沈黙」したとか。

第二次世界大戦中の攻撃にも耐えた時計塔が止まることは、1858年の開始以来147年間で数えるほどしかなく、最近では1997年の4月30日とその数週間後だったそうです。久しぶりに「一服」したくなったのでしょうかね。

原因はよく分かっていないそうで、日中暑かったことが理由の一つとして考えられるそうです。

  • ←よろしければクリックしてください
  • カスピ海の新パイプラインと米ロの攻防

    カスピ海の石油を地中海経由で欧米に送るための大規模なパイプラインが完成しました。アメリカが支援し、構想から10年以上かかって完成したプロジェクトで、イギリスのブリティッシュ・ペトロリアム(BP)が中心となって運営します。日本も建設に参加しており、国際石油開発のサイトでBTCパイプラインプロジェクトが紹介されています。

    カスピ海の石油は、これまでロシア経由で黒海から船積みされ、黒海と地中海を結ぶボスポラス海峡を通って欧米に送られていました。
    このルートはロシアを通過せず、建設にはブッシュ政権の意向が大きく働いているようです。

    Pipeline opens new oil route to west(Guardian Unlimited)
    Q&A: The Baku-Tbilisi-Ceyhan pipeline(Guardian Unlimited)

    " Baku-Tbilisi-Ceyhan " (BTC)という全長1770kmのパイプラインは、アゼルバイジャングルジアを通り、トルコにつながっています。1日100万バレルの生産量で、世界の生産量の1%ぐらいだとか。

    続きを読む ≫

    一夜にして湖が消えた村

    村の近くにある湖が、一夜にして消えてしまったそうです。

    Large lake completely disappears in Russian village overnight(PRAVDA.Ru)

    ロシアの首都モスクワから数百km東にある村で起きた事件(?)で、村人が朝起きて見たら、湖が大きな溝に変わっていたとか。記事の写真を見るとかなり大きいですね。
    湖と村の間には300mほどの距離があったので、犠牲になる人はいなかったそうです。地元の消防の人は、「もし巻き込まれていたら命はなかっただろう」といっています。地元の漁師は「本当にびっくりした」と驚いています。

    湖の下の部分が崩壊し、地下を流れる川につながったため、お風呂の水を抜くように湖の水がなくなったそうです。
    70年前にも別の村で同じような出来事があり、数件の家が沈んだそうです。怖いですねえ。。

  • ←よろしければクリックしてください
  • 次期ローマ法王決まる

    コンクラーベで新しいローマ法王が決まりました。

    Ratzinger is elected as new pope(BBC)

    保守派のラッツィンガー枢機卿(78歳、ドイツ人)が選出されました。故ヨハネ・パウロ2世の路線は引き継がれることに。
    ちなみに、新法王ベネディクト16世はこんな方です。

    関連記事:
    ローマ法王は1日早く亡くなった?(ワールドニュースクリップ)


    ホーム

    HomeNext ≫

    広告

    最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    プロフィール

    worldnews

    • Author:worldnews
    • FC2ブログへようこそ!

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。